医療脱毛

医療脱毛とエステの違い

脱毛に興味を持ち始めた方や、まだ脱毛をしたことがない方は、色々な疑問があるかと思います。近年脱毛をするサロンや病院が増えてきました。
脱毛は医療でするか、サロンでするか、迷うところではありますが、一般的にサロンと病院とでは大きな違いがあります。
その違いの一つは、クリニックや病院で使用する脱毛器と、サロンで使用する脱毛器が全く違うものだということです。
医療での脱毛美容器は厚生労働省の認可の機器を使用しています。一方サロンなどで使用する脱毛器などで、オリジナルの脱毛機器を使用していることが多く、レーザーよりも出力の劣る脱毛機器を使用しています。
医療での脱毛は根こそぎ毛根から破壊していくので、1度決められた期間通えば、再び毛が生えてくることはありません。エステサロンの場合は、数年後毛が生えてくることもあり得るので、永久脱毛をお考えの方は断然クリニックで脱毛する方がいいでしょう。
最近のクリニックの脱毛は、お値段も安く提供しているところも多く、利用しやすくなっています。

医療脱毛の歴史

最近では、医療でもすっかりレーザー脱毛が浸透してきましたが、ほんの数年前までは電気針脱毛といった永久脱毛方法が主流でした。
電気針脱毛方法は、毛穴にハリを指して脱毛していく方法で、かなりの痛みを生じたり、肌の弱い方などは、赤く炎症を起こしたりと、それなりにリスクもありました。
痛くて麻酔を希望する方も多く、エステなどでは麻酔が使用できないので、途中でやめる方も多く、トラブルも後をたたなかったようです。
医療などで電気針脱毛を行うにはさほど心配はありませんでしたが、やはり「痛い」というのは大きな問題点で、脱毛に踏み切るにも勇気がいったものでした。
しかし時代が変わり、レーザー脱毛が主流になった今、この痛みを感じることがほぼなくなりました。
レーザーをあてる際に多少脱毛する部位によっては、ゴムで弾いたような痛みが感じる場合がありますが、ほとんどの方が我慢できる程度の痛みで、脱毛にチャレンジする人がどんどん増えてきました。
電気針脱毛のように炎症などを起こす問題もなく、肌の弱い方でも安心して脱毛が受けられます。
脱毛に取り組みやすくなった今は、医療で脱毛をしなければとてももったいない話です。
仕上がりもとてもきれいで、毛穴の悩みなども同時に解消することができ、まさに一石二鳥と言えます。
一本一本脱毛する必要もなく、広範囲の部位が一気にできるので、時間も短縮できて、忙しい方でも無理なく通うことができます。